ホーム > 交通安全知識

交通安全知識

交通ルールを守ろう

前照灯の早期点灯

交通事故は、朝夕の交通量の多い時間帯に多発しています。 車を運転される方は二輪車だけではなく、四輪車も早めに前照灯を点灯し、車の接近を他の車、自転車、歩行者に知らせましょう。

夕暮れ時・夜間の交通事故が心配です
交通事故には、夜間の視認性を高めることが効果的です。
夜間、車から歩行者が見える距離は、着ている衣服の色によって異なり、車のヘッドライトを下向きにしたときには、一般に黒い服で約26m、白などの明るい服で38mとされています。 一方、運転者が歩行者を発見して車が止まれるまでの距離は、乾いた路面を時速60kmで走っているときで約44mですから、明るい服装であったとしても、交通事故に遭う危険性があります。 反射材を着けていた場合は、反射材の種類等により異なるものの、約57m以上の視認性が確保され、反射材非着用の場合と比べ格段に安全性が向上します。
↑ PageTop