ホーム > 交通安全知識

交通安全知識

交通ルールを守ろう

飲酒運転の禁止

あなたの身近で「飲酒運転」が行われていませんか?
悲惨な飲酒事故は、周囲が制止していれば、もっと早く治療を受けさせていれば、起きなかったと思われるものが多くあります。
  • 運転する人にお酒を勧めない。
  • お酒を飲んだ人には運転させない。
  • お酒を飲んだ人には車を提供しない。
  • アルコール依存症の人には治療を進める。

【運転者には】

  • 運転するなら酒を飲まない。
  • 酒を飲んだら運転しない。

【家庭・地域では】

  • 運転する人に酒を勧めない
  • 酒を飲んだ人に運転させない。
運転者にも運転者以外にも厳しい罰則が科せられます
車両を運転するおそれのあることを認識しながら、「飲酒を進める」「酒類を提供する」「飲酒していることを知りながら車両を提供する」「運転させる」「その車に同乗する」行為は、道路交通法の飲酒運転を助長した者に対する罰則等が適用されることがあります。

道路交通法

【運転者本人に対する罰則と行政処分】

運転者の状況 罰 則 行 政 処 分
酒酔い運転 5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金
免許取消し
(欠格期間3年)
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
13点
(免許停止90日)
呼気0.15mg/I以上〜0.25mg/I未満
呼気0.25mg/I以上 25点
(免許取消し欠格期間2年間)

※以前に違反や事故がない場合

【運転者以外の者の罰則】

運転者の状況 車両の提供者 酒類の提供者・車両の同乗者
酒酔い運転 5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金
3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
酒酔い運転 3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
2年以下の懲役又は
30万円以下の罰金

【飲酒検知(呼気検査)を拒否した者の罰則】

状 況 罰 則
飲酒検知(呼気検査)を拒否した場合 3か月以下の懲役又は50万円以下の罰金

刑 法

【飲酒運転で交通事故を起こした者の罰則 → 危険運転致死傷罪】

運転状況 事故の結果 罰 則
酒酔い運転 5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金
3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
酒酔い運転 3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
2年以下の懲役又は
30万円以下の罰金

【交通事故を起こした者の罰則 → 自動車運転過失致死傷罪】

運転者の状況 事故の結果 罰 則
自動車の運転上必要な注意を
怠ったことによる交通事故
人を死亡又は
負傷させた場合
7年以下の懲役もしくは
禁錮、又は
100万円以下の罰金
↑ PageTop